スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普天間移設「有力案を言う段階にない」 鳩山首相(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は9日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題をめぐり連立与党の社民党と国民新党が案を提示したことについて、「そういった案も参考に政府案を練るが、私からどの案が有力と申し上げる段階ではない」と述べた。首相公邸前で記者団に語った。

 首相は「ゼロベースで今日までやってきた。政府案をまとめていく過程で米国側あるいは、特に沖縄県民にも理解を求め、理解が得られる案に作り上げていく」と改めて強調した。

【関連記事】
普天間移設めぐり社民、国民新の亀裂ますます
オバマ米大統領、グアム視察で日本を「牽制」?
普天間移設「沖縄の理解得られる案に」
小沢氏、内閣・民主支持率低下でも「参院選とは別次元」
名護市議会、シュワブ陸上案反対の意見書を可決
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

箸の持ち方、どう教える 無理やりは禁物、興味を持たせて(産経新聞)
脳脊髄液減少症、治療法の「保険適用を検討」-民主議連で厚労省(医療介護CBニュース)
帰還者の聞き取り資料公開へ=「研究者にも重要」-長妻厚労相(時事通信)
野口さん帰還、6月に=ソユーズ移設作業も(時事通信)
<裁判員裁判>初の「心神喪失で無罪」主張 東京の放火事件(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。