スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュワブ陸上案軸に対米交渉をスタートへ 普天間移設で政府(産経新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、岡田克也外相は26日にルース駐日米大使と会談し、移設先をめぐる対米交渉に入る。政府は米軍キャンプ・シュワブ(同県名護市)陸上部に600メートル級のヘリ離着陸帯(ヘリパッド)を建設する一方で、普天間飛行場の基地機能の一部を鹿児島県・徳之島や九州地方の自衛隊基地に分散する案を軸に米側の反応を探る方針だ。

 沖縄県との調整も並行して本格化させる。北沢俊美防衛相は25日、同県議会の高嶺善伸議長と会談した。26日午前には仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事に会い、政府の検討状況を説明する。普天間の機能を5割以上沖縄から県外に移設する方針を示すことで、県側の理解を求めたい考えだ。

 政府は23日、鳩山由紀夫首相も加わった関係閣僚協議で、岡田外相が対米交渉に当たることを確認した。外相は28日から米国、カナダを訪問。クリントン国務長官、ゲーツ国防長官に対し、陸上案のほか米軍ホワイトビーチ(うるま市)沖合の埋め立て案を検討していることもあわせて伝える方針だ。

 だが、米政府はシュワブ沿岸部に移設する現行案の履行を求めており、解決の見通しはたっていない。来日中のグレグソン米国防次官補は25日、長島昭久防衛政務官と会談。長島氏が「厳しい状況の中で、皆が納得できる案に到達できるよう努力したい」と説明したのに対し、グレグソン氏は「それを待ちたい」と述べるにとどめた。

【関連記事】
防衛相、午後から沖縄訪問 普天間移設問題で知事らと意見交換
ロイター通信が普天間問題で産経世論調査を引用
「日本は日米合意を尊重するだろう」 普天間問題で米司令官
福島氏、県内移設も容認?「反対だが従う」の二重基準多用
普天間移設問題で首相は「県外あきらめない」
あれから、15年 地下鉄サリン事件

母を追起訴=脳障害で5歳児死亡-神戸地検(時事通信)
コンビニ労組が救済申し立て=セブンイレブンに団体交渉要求-岡山(時事通信)
<掘り出しニュース>建築廃材使いサッカーボール(毎日新聞)
<雑記帳>松阪牛VS輸入肉 香り豊かなのは?(毎日新聞)
鳩山事務所リストラ、背景に母の援助切れか(読売新聞)
スポンサーサイト

雑記帳 クラゲの水族館、来館者数がV字回復 山形・鶴岡(毎日新聞)

 「クラゲの水族館」として知られる山形県鶴岡市立加茂水族館の今年度の来館者数が27日、年間最高記録だった21万7372人を超え、新記録達成の入館者となった家族に記念品が贈られた。

 1964年に開館したが、98年度の入館者は約9万人と廃館寸前まで減少。しかし97年からクラゲの展示を始め、08年に下村脩氏がオワンクラゲの研究でノーベル賞を受賞すると、全国的に人気が集まった。

 「老朽、弱小、貧乏の水族館がV字回復するなんてまさに奇跡」と村上龍男館長。土地と建物を抵当に入れ、借金返済に備えた時代もあったという。「神様、クラゲ様です」【佐藤伸】

【関連ニュース】
加茂水族館:きらきら、サケの稚魚--鶴岡 /山形
鶴岡市立加茂水族館:アザラシ、2頭目誕生 ラッコのソラ、最後のショー /山形
ラッコ:元気でね、ソラちゃん 人気者の雄、鶴岡から静岡へ16日引っ越し /山形
ノーベル賞:受賞の下村脩さん、小林誠さんが来県 13日山形、4月2日鶴岡 /山形
ゴマフアザラシ:赤ちゃん誕生 別の雌もお腹大きく--加茂水族館 /山形

校庭にミカン苗、市教委が提訴へ…所有権確認で(読売新聞)
【お財布術】「食材まとめ買い」編 保存方法をマスターしてこそ!(産経新聞)
<転落>橋から2人が川に 30代女性が不明 名古屋市(毎日新聞)
神崎、坂口両氏引退へ=衆院任期前に-公明(時事通信)
ひき逃げ女米兵「話もできないほど泥酔」(読売新聞)

<公取委>山梨の30社に立ち入り…県発注工事で談合の疑い(毎日新聞)

 山梨県が発注する土木工事の一般競争入札や指名競争入札で、県内の業者が談合を繰り返していた疑いが強まったとして、公正取引委員会は24日、独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで約30社に対して立ち入り検査に入った。公取委は94年にも、同県建設業協会の8支部が県内業者の談合に関与したとして独禁法違反を認定、行政処分を出したが、それ以後も談合は続いていたとみられる。

 関係者によると、県工事の等級でAクラスとBクラスに格付けされた約60社が関与。峡東地区と呼ばれる山梨市、甲州市、笛吹市を施工場所として発注される工事で談合が行われていたとみられる。立ち入り先には県建設業協会の塩山・石和両支部も含まれている模様だ。談合の手法は、受注希望者が支部長ら執行部に希望を伝え、希望者が1社ならそのまま決まり、複数なら希望者間で協議。決まらなければ執行部が「調整会議」と称する会合で調整していたという。話し合いは建設業協会支部の施設や各社の事務所で行われていたらしい。【苅田伸宏】

【関連ニュース】
多摩下水道工事:公取委の「談合認定」取り消し 東京高裁
汚職裁判:収賄に問われた元入管職員に実刑判決 東京地裁
入管汚職:贈賄側に有罪判決 東京地裁
福岡県接待疑惑:中島前副知事が接待認める 県調査委に
空自官製談合:空幕長が「悪意なし」発言 会見後に訂正

<ナシ>受粉作業ピーク 福岡・朝倉(毎日新聞)
公務員「早期勧奨退職」継続、総務相が意向(読売新聞)
「学童保育」の新しい形 デイケアと統合や進学塾と連携(産経新聞)
<自民>議員懇を拡大…立候補予定者も参加 4月上旬に(毎日新聞)
<国民年金詐取>容疑の弘道会系組長に逮捕状…警視庁(毎日新聞)

政権への打撃回避に努力=小林議員問題で-農水相(時事通信)

 赤松広隆農林水産相は23日の閣議後会見で、北海道教職員組合(北教組)の違法献金事件に関し、民主党の小林千代美衆院議員が離党や議員辞職を否定したことについて「(鳩山政権への)ダメージが全くないということには、ならない」と述べた。その上で、政権運営への打撃を抑えるためには「いかに国民のために仕事をしているかを見せるしかない」と指摘した。 

【関連ニュース】
「離党・辞職否定、良くない」=小林議員進退で民主幹部と協議へ
民主、参院選控え動揺=小林議員「続投」に異論も
民主・小林議員の会見要旨
「破廉恥」「自浄作用怠る」=野党、民主・小林議員に反発
民主党議員の「政治とカネ」をめぐる主な動き

子ども手当、高校無償化両法案が衆院通過 月内に成立へ(産経新聞)
<札幌7人焼死>用途変更問題で立ち入り検査(毎日新聞)
元外務次官、元毎日記者ら証言へ=「密約」で参考人質疑-衆院委(時事通信)
カート暴走、運転手書類送検(産経新聞)
能古島切断遺体 尻に複数のあざ 他の部位を捜索(毎日新聞)

インスリン事件 看護師を殺人未遂容疑で再逮捕へ(産経新聞)

 京都大学付属病院(京都市左京区)で入院中の女性患者(94)が一時意識不明になり、血中から高濃度のインスリンが検出された事件で、この患者の電子カルテにうその血糖値を記入したとして、公電磁的記録不正作出などの容疑で逮捕された同病院の看護師、木原美穂容疑者(24)が京都府警の調べに、インスリンの投与を認める供述を始めたことが19日、捜査関係者への取材でわかった。府警は殺人未遂容疑で近く木原容疑者を再逮捕するとともに、慎重に裏付け捜査を進める。

 捜査関係者らによると、女性は同病院の循環器内科に入院していた昨年11月14~16日、低血糖状態に陥り一時意識不明になったが、その後回復し、現在は退院している。

 木原容疑者はこの患者を担当する看護師の一人で、調べに対し「私が投与しました」と必要のないインスリンを投与したことを認めたという。

 府警は、投与を認める供述だけでなく、木原容疑者の勤務状況と患者の容体が変化した時間を照らし合わせるなどして、インスリン投与にかかわった疑いが強まったと判断した。

【関連記事】
病院は死ぬところ…崩壊した「医のモラル」 山本病院事件の真相
「患者が感謝してくれない」 肋骨折った看護師が動機供述 
カルテ虚偽記入の疑いで京大病院の看護師を逮捕 京都府警
西成看護師殺人未遂事件 無念の時効成立
51歳看護師、女性に導入剤飲ませ昏睡強盗容疑

JR東の運行責任者ら不起訴=「過失認められない」-羽越線脱線事故・山形地検(時事通信)
放射線障害防止法にクリアランス制度-文科省が改正案(医療介護CBニュース)
けんか祭りの「合戦」廃止=高校生死亡、遺族の意向重視-伊万里トンテントン・佐賀(時事通信)
<交通事故>軽乗用車とパトカー衝突 母子が軽傷 仙台で(毎日新聞)
消費増税、景気には中立=目的税化で雇用創出も-菅財務相(時事通信)

厳戒態勢の中、抗議活動も=「第2昭南丸」到着の東京港(時事通信)

 反捕鯨団体シー・シェパード(SS)の活動家ピート・べスーン船長を乗せた調査捕鯨船「第2昭南丸」が到着した12日、同船が接岸する東京港の晴海ふ頭では、海上保安庁や警視庁が厳戒態勢を取り、辺り一帯は物々しい雰囲気に包まれた。
 「日本文化を侮辱するな」「環境テロを許さない」。SSの妨害活動に反対する団体のメンバー約20人が集結。SSの妨害活動の写真や日章旗を掲げながら、「日本の食文化を否定することは許さない」「SSは地球から出て行け」などと叫び、抗議活動の場所をめぐり警察官と小競り合いになる一幕もあった。 

【関連ニュース】
【動画】シー・シェパード妨害船と衝突=日本船、けが人なし
【特集】米アカデミー賞
〔写真ニュース〕反捕鯨団体の活動家を逮捕へ=海保
〔写真特集〕調査捕鯨
不法な妨害、毅然と対処=赤松農水相

「円天」詐欺事件、L&G元会長に懲役18年 東京地裁判決(産経新聞)
小林議員と民主党執行部 「辞職」最終調整へ(産経新聞)
<東海道新幹線>三島-静岡駅間で停電、2900人に影響(毎日新聞)
大学生の「就業力」アップ、国が5年計画(読売新聞)
クロマグロ 「半減」の危機 完全養殖が日本の食卓救う?(毎日新聞)

捕獲禁止で見守るのみ…衰弱オットセイやっと保護(読売新聞)

 富山県氷見市の島尾海水浴場にオットセイが打ち上げられているのが11日午前に発見され、約30時間後の12日午後、衰弱した状態で新潟市の水族館にようやく引き取られた。

 法律で捕獲禁止対象となっているため、氷見市は見守るしか手だてがなく、職員が24時間態勢で見守りながら、国にかけ合ったが、了解をとるまでに時間がかかった。同市の海岸でオットセイが生きたまま打ち上げられた例は過去になく、付近住民は無事でいてほしいと願っている。

 オットセイが見つかったのは11日午前9時半頃。海岸の波打ち際に横たわっている姿を住民が見つけ、市に届け出た。主にベーリング海やオホーツク海に住むキタオットセイとみられ、体長は約1メートル40、胴回りは約30センチ。10日午前には約1キロ離れた海岸でオットセイが確認されており、同じ個体とみられている。

 発見当初から衰弱が激しく、臘虎(らっこ)膃肭獣(おっとせい)猟獲取締法で、許可のない捕獲が認められていないため、市は対応に苦慮。野犬などに襲われないようにと、職員が交代で夜間もすぐそばで見守った。

 12日午前11時半頃、自力ではいつくばって、海に戻ろうとしたが、途中で動かなくなった。この後、同市が水産庁との協議で「対応が必要」との返事を得たため、飼育実績のある新潟市水族館「マリンピア日本海」が受け入れることになった。

 同日午後3時15分頃から、市の職員7人が漁用の網を使って捕まえると、一瞬、体を激しく動かしたが、トレーに載せた後はぐったりとした様子。車内の温度を低く保つため、氷を積み、窓を開けたままの状態の自動車で、獣医師らとともに出発した。夜間も付き添った市の職員の男性は「無事に捕獲することができて良かった。元気になってもらいたい」と話していた。

 ◆臘虎膃肭獣猟獲取締法=1912年制定。ラッコとオットセイを国の許可なく捕獲することを禁じている。乱獲に伴い、北太平洋のラッコの数が激減したのを受け、前年の11年に周辺国で締結した国際条約に合わせ、定められた。治療などの目的がある場合、捕獲を許可することもある。

<火災>倉庫2棟を全焼 名鉄1時間運休 愛知・豊明(毎日新聞)
金星へ 探査機「あかつき」完成(産経新聞)
小林議員を参考人聴取=資金提供、認識を否定-札幌地検(時事通信)
判決不服として上告へ 多摩中央署の捜査怠慢訴訟で警視庁(産経新聞)
文京区長育休 ツイッターで宣言、「子育て楽しみます」(毎日新聞)

<雑記帳>「移動朝市電車」車内で農産物販売…三岐鉄道(毎日新聞)

 三重県桑名市といなべ市を結ぶ三岐鉄道北勢線を6日、農産物を販売する「移動朝市電車」が走った。2往復半した同電車に乗り合わせた人たちは、揺れる車内で新鮮な野菜などを次々に買い求めた。

 三岐鉄道と、沿線の大泉駅(いなべ市)に併設されている農産物販売所「うりぼう」が、「楽しく買い物をしてもらおう」と初めて企画。箱に入ったダイコンやハクサイ、キャベツ、イチゴなど約30種を座席の上に並べ、精算所も設けた。

 レール幅が762ミリと新幹線の約半分の北勢線の小さな車両には、野菜などを丹精込めて栽培した農家の人たちの大きな期待が満載されていた。【沢木繁夫】

【関連ニュース】
三岐鉄道・北勢線:応援歌完成 いなべ市役所でDVDなど贈呈式 /三重
三岐鉄道・北勢線:マイカー通勤者らに、利用呼びかけ--桑名駅 /三重

感染症対策「国際社会一つに」=皇太子さま、野口英世シンポで(時事通信)
無許可で犬大量飼育 兵庫県警 容疑で尼崎の業者逮捕(産経新聞)
シュワブ陸上案に反対決議を可決…名護市議会(読売新聞)
オノで妻の頭を…八王子の67歳、殺人容疑で逮捕(産経新聞)
09年度予算、各省で「仕分け」=概算要求に反映-刷新会議(時事通信)

普天間移設「有力案を言う段階にない」 鳩山首相(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は9日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題をめぐり連立与党の社民党と国民新党が案を提示したことについて、「そういった案も参考に政府案を練るが、私からどの案が有力と申し上げる段階ではない」と述べた。首相公邸前で記者団に語った。

 首相は「ゼロベースで今日までやってきた。政府案をまとめていく過程で米国側あるいは、特に沖縄県民にも理解を求め、理解が得られる案に作り上げていく」と改めて強調した。

【関連記事】
普天間移設めぐり社民、国民新の亀裂ますます
オバマ米大統領、グアム視察で日本を「牽制」?
普天間移設「沖縄の理解得られる案に」
小沢氏、内閣・民主支持率低下でも「参院選とは別次元」
名護市議会、シュワブ陸上案反対の意見書を可決
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

箸の持ち方、どう教える 無理やりは禁物、興味を持たせて(産経新聞)
脳脊髄液減少症、治療法の「保険適用を検討」-民主議連で厚労省(医療介護CBニュース)
帰還者の聞き取り資料公開へ=「研究者にも重要」-長妻厚労相(時事通信)
野口さん帰還、6月に=ソユーズ移設作業も(時事通信)
<裁判員裁判>初の「心神喪失で無罪」主張 東京の放火事件(毎日新聞)

<人事>警察庁(12日付)(毎日新聞)

 警察庁(12日付)生活経済対策管理官(埼玉県警刑事部長)世取山茂

参院選 「民主に投票」22% 急落…自民と拮抗 新報道2001調査(産経新聞)
普天間先送りなら「深刻な事態」=岡田外相(時事通信)
新潟市美術館 館長を更迭 作品にかび 管理体制を問題視(毎日新聞)
来年度から個所付け事前公表=菅財務相(時事通信)
<地域主権戦略会議>推進一括法案など関連2法案を報告(毎日新聞)

藤川優里市議、うますぎる演説!?大島幹事長も絶賛、“ゆり節”で絶叫(スポーツ報知)

 今夏の参院選出馬が検討されている“美人すぎる市議”藤川優里・八戸市議会議員が7日、自民党の若返りキャンペーン「JIMIN NEXT」に帯同し、地元・八戸市と青森市で熱弁をふるった。8日で三十路(みそじ)を迎える「ゆりたん」は、むせび声で民主党の悪政ぶりを糾弾し、地方活性化の必要性を訴えた。小泉進次郎衆院議員(28)との街頭共演が初めて実現し、大島理森幹事長(63)は、2人のうますぎる?演説にメロメロだった。

 摂氏0度。寒すぎる八戸の寒空の下、“美人すぎる市議”のむせび声は、市民の心に染みこんだ。「私にとって20代最後の日。私たち地方は、乾いたぞうきんを絞るような生活を強いられてきました。私たちは負け犬になってはいけない! しかし、現在の政権は地方が抱える深刻な問題を後回しにして、何の信念も持ち合わせておりません!」

 女らしさ、いじらしさ、市議らしい強さを込めながら、情念たっぷりに聴衆に訴えた4分間。「自民党は、皆さんの生の声を国会のど真ん中に届けることを約束します!」。優里氏は、演歌歌手が一曲歌い終わるかのように締めくくると街宣車を降り、かじかむ手で市民との握手を交わした。

 “懸命すぎる市議”の振る舞いは、大島幹事長の心にも染みわたった。沖縄から地元・青森に直行した幹事長は、ひそかにはいてきたもも引きが無用なほどに、心が温まった模様。ゆりたんの熱弁の最中、思わずうなったひと言は「厳しいな」。報道陣には「なかなか元気よく、厳しい演説をするな。評価している? もちろん。自民党は多様でございます!」。見慣れた強面(こわもて)は、まな娘を見つめるような顔に変わった。

 八戸市では約1000人、青森市では約800人の聴衆をくぎ付けにし、人気の高さを証明。これで即・自民党公認で出馬決定か? いや、まだ問題も残る。党首脳の間で優里氏の集票力に期待が高まる一方、青森県連では疑問視する声も。ある関係者は「人気だけで人選してよいものか。当選したはいいが、国会議員としての資質が足りないことが分かれば、党としての見識が疑われることになる」と語る。

 優里氏は進次郎氏とともに「JIMIN―」の応援隊に任命されており、この日ついにその任務をこなした。今後も各地で遊説するとみられるが、関係者の一人は「その過程で、党側が優里氏の真の力を見極めていくことになるだろう」と語った。

 市民との交流に夢中だった本人は「地元の生の声が聞けて良かったです」と多くを語らず。地元党員との居酒屋での打ち上げでは、進次郎氏とも冷えたビールで乾杯。参院選に向けて、ゆりたんの動向からは目が離せない。

 【関連記事】
藤川市議が7日街頭デビュー…進次郎氏とタッグ
藤川市議も津波で“被害” 八戸市のイベント中止に
自民・大島幹事長“逆ギレ”「辞めてもいい」
進次郎氏が鳩山政権痛烈批判「マニフェスト違反の金メダル」
藤川優里 市議会議員 八戸市 を調べる

民主・小林氏「申し訳ない」進退明言せず(読売新聞)
<群馬たまゆら火災>理事長、施設長を起訴 業過致死罪(毎日新聞)
<殺人未遂容疑>1歳娘の首絞めた母親逮捕 茨城・土浦(毎日新聞)
川端文科相、慎重姿勢崩さず 朝鮮学校の無償化問題 (産経新聞)
官僚の「やる気」向上、刷新相が「政策コンペ」(読売新聞)

<夫婦岩守>大しめ縄の御利益、夫婦岩のお守りで--伊勢・二見興玉神社(毎日新聞)

 三重県伊勢市二見町の二見興玉神社は、夫婦岩に張られていた大しめ縄のわらを使った、お守り「夫婦岩守」をつくった。

 夫婦岩には長さ35メートル、直径10センチ、重さ40キロのしめ縄が5本あり、年3回張り替えられている。外した大しめ縄は、おはらいをして焼却していたが、参拝者から「持ち帰って御利益を頂きたい」との声が多く、お守りに役立てることにした。

 お守りは縦5・5センチ、横3センチの木製。浮き彫りになっている夫婦岩の間には昨年12月の張り替えで外したしめ縄のわらを通した。また、真ん中には岩の間から昇る夏至の太陽か、冬の月を表した真珠も埋め込んだ。1体800円。

 同神社は「家族や恋人など大切な人とのきずなを固く結んでいただければ」と話している。問い合わせは同神社(0596・43・2020)。【木村文彦】

〔三重版〕

【関連ニュース】
<こんなお守りも>エミューの羽根で「恋のお守り」 鹿児島・平川動物公園
<こんなお守りも>金運呼ぶか、イノシシのたてがみ入りお守り
<フィギュアスケートの織田信成選手は>お守り10個で“いざ出陣”

「金にも勝る銀じゃ」河村市長決めた!真央パレードじゃ!(スポーツ報知)
最高視聴率32.6%=女子フィギュアSP(時事通信)
7年前の松原放火、供述 神奈川 無銭飲食で出頭の男(産経新聞)
「キツネ事故」で遺族逆転敗訴=高速道管理の過失認めず-最高裁(時事通信)
<08年水害>被害額は1660億円(毎日新聞)

<掘り出しニュース>塩尻市がワイン債発行 購入者にはヌーボーワインも(毎日新聞)

 【長野】塩尻市は、特産品のワインを特典として贈呈する市債「しおじりワイン債」の申し込みを受け付けている。同市が一般向けに市債を発行するのは初めて。購入者は10年秋に、塩尻産ヌーボーワインのボトル1本がもらえる。ワイン債発行で得た収入は市民交流センター(愛称・えんぱーく)建設にあて、総事業費7億4390万円のうち2億円を賄う予定。

 ワイン債は、市内外在住者が10万~200万円まで10万円単位で購入でき、全体のうち市民枠が1・8億円、市外枠は0・2億円。利率は直近の5年国債に0・1%を上乗せする。利払いは年2回で、5年満期で一括償還する。発行経費として、10年度一般会計当初予算案に267万円(手数料と特典品料)を盛り込んだ。

 市財政課によると、金利払いをワインで現物支給することも検討したが、技術的に難しかったという。同課は「地域ブランドのワインを通じて、イメージアップを図りたい」と話している。

 申し込みは3月10日の消印有効。はがきに住所、氏名、希望額などを記し、市財政課に送付する。3月に抽選を行い、4月27日付で発行する。問い合わせは同課0263・52・0280。【渡辺諒】

「調書訂正、聞き入れられず」=元係長、検事の作文と改めて主張-郵便料金不正(時事通信)
<新聞7社>販売ルール厳守で共同声明 福岡、山口(毎日新聞)
<引きずり殺害>被告が殺意否認 大阪地裁初公判(毎日新聞)
<大島幹事長>舛添氏に自重促す 総裁辞任に講演で言及(毎日新聞)
「追われている」が「お前なんかどうにでもなる」に 女性乱暴容疑の男逮捕(産経新聞)

<行橋市長選>現職の八並康一氏が3選(毎日新聞)

 福岡県の行橋市長選で八並康一氏(70)が3選。貿易会社社長の田中純氏(63)を破る。投票率は58.61%。

 確定得票数は次の通り。

当16825 八並 康一=無現<3>[民][公][社][国]

 16746 田中  純=無新

ガス田開発 中国強行なら提訴…政府、新対処方針伝える(毎日新聞)
中日ネルソン投手を逮捕=空港で実弾所持-沖縄県警(時事通信)
<雑記帳>エゾシカ、列車に追われてトンネルに(毎日新聞)
平野官房長官「長崎県知事選に政治とカネ影響あった」(産経新聞)
首相官邸に対策室設置…チリ地震津波で(読売新聞)

【新・関西笑談】世界で一つだけのパンを(4)(産経新聞)

 □「ブランジュリ タケウチ」 竹内久典さん

 ■フランス流に公園前へ出店 焼きたてのおいしさ召し上がれ。

 --お店はちょうど靱公園(大阪市西区)の南側にあるので、パンを買ったら、思わずそこで食べてしまいたくなりますね

 竹内 そうなんです。それがこの場所を選んだ理由なんです。

 --やっぱり

 竹内 独立する前に、1カ月ほどフランスに行きました。そのとき、公園前のパン屋さんにすごい行列ができていて、その人たちはみんな公園で食べていたんです。そこでぼくも行列に並んでパンを買い、公園で食べてみたら、ほんとにおいしくて感動して。

 --聞いているだけでもおいしそう

 竹内 パンって、焼きたてのおいしい時間がほんとに短いんです。そのときに食べてもらいたいから、目の前が公園というのは実にいいんです。

 --わかります。私は焼きたての熱々のパンに出合うと、我慢できなくて、店を出るなり、こっそりとかぶりつくことがあります

 竹内 帰国して公園の周りの物件をあちこち見て回りました。この辺りの雰囲気が一番、イメージにあっていたのですが、空きがなくて、とりあえず妥協してちょっと公園から離れた場所に借りました。その後、こちらの場所が空いたので、移ってきました。

 --オープン当初からすぐに軌道に乗ったのですか?

 竹内 いえ。今でこそ公園の周りには店が増えましたが、当時は、何にもなくて。ここはビジネス街の端っこだし、土曜日は人もいない。お客さんが来てくれたのは平日の昼ぐらいでした。それが「大阪では売れない」といわれていた、ハード系の硬い食事パンを増やしていったところ、売れるようになりました。

 --でもここは大阪のど真ん中。理想としたフランスのようにはいかないこともあったでしょう?

 竹内 最初のころはずいぶんお客さんに怒られました。クレームばかりで。

 --クレーム?

 竹内 「フランスパン買ったけど、次の日になったら食べられへんわ。がちがちでバットみたいやで」とか。

 --まあ、そんな。しかし言いえて妙ですね。さすが大阪人

 竹内 フランスパンは1日たつと硬くなるんです。でもそういうことからきちんと説明しました。硬くなったらパン粉にしたり、オープンサンドにもできます。そのうちに、食べ方を提案したいと思い、店舗の3階にカフェをオープンしました。

 --オープンキッチンだからお客さんも気軽に声をかけますよね

 竹内 お客さんにすべてを見てもらいたくて、あえてこういうつくりにしたのですが、距離が近いので、スタッフは全員作りながら、お客さんに質問されれば、説明しています。

 --正直言って、ちょっと手間がかかりますね

 竹内 お客さんに直接、説明しながら売りたい、という気持ちは、最初から強かったんです。フランスでは、後ろでたくさん人が並んでいようがなんだろうが、話し込みがら、パンを買う。ときには10分ぐらい。

 --ちょっと迷惑ですね。いらちの私、余計なことを言ってしまいそう…

 竹内 でもそういうのがいいなあ、とずっと思っていました。特にぼくのところみたいな、変わったパンが多いと、説明しなくちゃ、分かってもらえませんものね。(聞き手 岸本佳子)

【関連記事】
なにわのモノづくり 「カレーなるパン聖地」
【外信コラム】パリの屋根の下で バカンス中のパン屋の「接収制度」
ラスク華麗な変身 パンの再利用→おしゃれスイーツ
【報告します!】マカロンの次は蒸しパン? 話題の蒸しパン専門店でスウィーツ系から総菜系まで制覇する
山口・防府市の高校生がハモバーガーを発案

なぜ妻の料理はまずいのか ネットで夫たち「暴露大会」 (J-CASTニュース)
思いやり予算見直し議論も、日米審議官級協議(読売新聞)
カセットコンロ爆発、5年間で8人死亡(読売新聞)
皇太子さま50歳 「さらなる自己研鑽を」(産経新聞)
路上で男性殴る 傷害でボクシングジム経営者逮捕(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。